パイプカット

パイプカットについて

パイプカットについてパイプカット(精管結紮〈けっさつ〉術)とは男性に施す避妊方法です。精子は精巣でつくられ精管を通って尿道へと出てきます。この精管を縛って(「結紮」して)射精時に精子が出てこられなくする施術です。術前と変わらず勃起もできますし、前立腺や精嚢から分泌液が出てきますので射精はできます。ただ、その精液中に精子が含まれていないため、ほぼ100%の避妊が可能になります。
今後子どもをつくる予定がない方、遺伝子疾患が考えられる方、持病により施術が必要な方は医師にご相談ください。

メリットとデメリット

メリット

最大のメリットはほぼ100%の避妊が可能なことです。性欲が落ちることも勃起力が落ちることもありません。妊娠させてしまうかもといった心理的不安がなくなります。

デメリット

パイプカット後に妊娠を望んだ場合、再吻合手術(再度精管を通す手術)はできても機能面で回復するとは限らないため、妊娠が望めないことがあります。

パイプカットの手術方法

診察・カウンセリング

パイプカットは一度行うと、その後妊娠を望んだとしても不可能になるおそれがあります。したがって、手術に関する詳細な説明はもちろん、患者さんのお悩みや状態をお聞きし、カウンセリングをおこないます。そしてパイプカットを決意された場合には、手術依頼書に署名・捺印をして持参いただきます。

麻酔

剃毛と消毒を行い、麻酔を行います。手術は局所麻酔で行います。

精管切断

左右の陰嚢の皮膚を5mm程度切開して精管を露出させ、適切な位置で切除して、その両端の2、3ヵ所を糸で縛って結紮し、精子の流れを止めます。その後、陰嚢を縫合して手術は終わります。麻酔から終了まで1時間程度です。

精液検査、抜糸

手術直後は精嚢等に精子が残っている可能性があるため、精液検査を行って精液中に精子がなくなっていることの確認を行います。
術後1週間程度で抜糸を行います。術後の性行為については抜糸後1週間程度を目安にするといいでしょう。

よくある質問

手術後、入浴はできますか?

手術当日の入浴はお避けください。シャワーは浴びても構いませんが、患部が濡れないようにご注意ください。

手術の傷は目立ちますか?

陰嚢自体にしわが多いため、傷が目立つことはありません。

術後、いつから性生活を開始できますか?

とくに決められた日時はありませんが、できるだけ抜糸後1週間を目安にしてください。

術後に性欲が落ちると聞きますが、本当ですか?

パイプカットが性欲に影響することはありません。パイプカットでは精巣から精子が放出されるのを防止するだけで、男性ホルモンの多くがつくられる精巣を切除するわけではありませんので、性欲や勃起力に影響が出ることはありません。

精液検査までに必要なことはありますか?

手術直後には精子が通り道に残ってることがあります。検査前に残留精子をなくすために5回程度自慰行為、避妊行為などを行って精子を出すようにしてください。

当院の特徴

当院の特徴当院では、近隣の大阪や京都だけでなく遠方の都道府県からも相談・手術に来られる方が増えてきました。パイプカットは多くの男性が抱える悩みでもあり、デリケートな個人の問題でもあるため、安心して相談できる医療機関が少ないということでもあるかと思います。
とはいえ、やはり一人で悩みを抱えず、専門家に相談することが患者さんにとっても安心していただける確実な方法です。
診察・手術はご自身に来ていただく以外に方法はございませんが、術後の精液検査については宅配便などによる対応も考えております。まずはご相談ください。

手術費用

手術 料金
パイプカット手術 60,000円(税込み)