クラミジア

クラミジア

クラミジア_イメージクラミジアトラコマティスという病原菌により、感染する性病です。クラミジアは、日本で一番多い性感染症であるとされています。

性器に感染する「性器クラミジア」のほかに、喉に感染する「咽頭クラミジア」があります。

クラミジアの症状

このような症状が出ていれば、クラミジアの恐れがあります。

男性

  • 尿道から膿が出る
  • 排尿時に痛みがある
  • 尿道にかゆみなどの不快感がある
  • 咳や発熱がある

女性

  • おりものの量が増えた
  • おりものの臭いがきつい
  • 下腹部が痛い
  • 性交時に痛みがある

クラジミアの潜伏期間について

感染してから症状が現れるまでの期間は、1~4週間程度です。女性の場合、症状が現れないこともあります。

クラジミアと思った時のポイント

男性であれば「尿道から膿が出る」「排尿時に痛みがある」、女性であれば「おりものの量が増えた」「性交時に痛みがある」など、明らかな自覚症状を感じた時には、すぐに当院で検査・治療を受けられるようにしてください。男性であれば初尿(出始めの尿)を検査し、女性であれば子宮頸管からの分泌物を検査し、診断します。

院長からのクラミジアに関する注意

クラミジアは感染する可能性が非常に高い病気です。

感染すると、男性は尿道にかゆみなどの不快感、女性はおりものの量が増えて、腹痛を起こしやすくなったりします。女性の場合、症状が現れないこともあるため、感染に気づかないケースも少なくありません。

そのため、早期に検査を受けることが重要となります。

パートナーが感染した場合、ご自身も感染している可能性が高いので、お二人で検査・治療を受けられることをおすすめします。

どのくらいで完治するのか?

患者様の症状によっても異なりますが、2週間程度の治療期間が必要となります。

クラミジアの治療方法

クラミジアに効果のある抗生剤を、1日から1週間程度服用して頂くことで症状を改善に導きます。

一番上に戻る
TEL:0726-96-2945