尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマ

コンジローマイメージ良性型のヒトパピローマウイルス(HPV)が原因となって起こる性病です。主な感染経路は性行為ですが、それ以外にも、皮膚な粘膜の傷から感染することもあります。

尖圭コンジローマは、3ヶ月以内に約25%が再発するとされています。なので、治療が終わっても、最低3ヶ月程度は経過を観察する必要があります。

尖圭コンジローマの症状

このような症状が出ていれば、尖圭コンジローマの恐れがあります。

男性

  • 亀頭に先が尖ったイボがある
  • 肛門まわりに先が尖ったイボがある
  • 性器にかゆみがある

女性

  • 外陰部に先が尖ったイボがある
  • 肛門まわりに先が尖ったイボがある
  • 性器にかゆみがある

尖圭コンジローマの潜伏期間について

感染してから症状が現れるまでの期間は、3週間から8ヶ月程度です。男性、女性ともに、症状が現れにくい病気です。

尖圭コンジローマと思った時のポイント

ご自身に症状が現れた時には、パートナーにも感染している可能性が高いので、お二人で検査・治療を受けられることをおすすめします。

また、すぐには症状が現れなくても、数か月後に現れる可能性がありますので、注意してください。

院長からの尖圭コンジローマに関する注意

尖圭コンジローマにかかると、性器や肛門まわりに先が尖ったイボができるなどの症状が現れる場合があります。

尖圭コンジローマによるイボを治療する方法には、大きく分けて「薬による治療」と「外科的な治療」があります。イボができている場所や数、大きさによっても異なりますが、当院ではイボを電気メスで焼く「電気焼灼」を行っております。

外科的な治療でイボを取り除く方法には、「電気焼灼」以外にも、液体窒素を用いた「凍結療法」などもあり、患者様の症状によっても異なりますが、「電気焼灼」の方が少ない治療回数でイボを取り除くことが可能です。

尖圭コンジローマの治療

どのくらいで完治するのか?

尖圭コンジローマは、3ヶ月以内に約25%が再発するとされています。

なので、治療が終わっても、最低3ヶ月程度は経過を観察する必要があります。

尖圭コンジローマの治療方法

イボができている場所や数、大きさによっても異なりますが、当院ではイボを電気メスで焼く「電気焼灼」を行っております。

外科的な治療でイボを取り除く方法には、「電気焼灼」以外にも、液体窒素を用いた「凍結療法」などもあり、患者様の症状によっても異なりますが、「電気焼灼」の方が少ない治療回数でイボを取り除くことが可能です。

これ以外にも、軟膏を塗布する治療方法もあります。

一番上に戻る
TEL:0726-96-2945