淋病

淋病

淋病イメージ淋菌が原因となって発症する性病です。性行為時の粘膜同士の接触や、精液、膣分泌液を介して感染します。感染率は約30%と高く、同時にクラミジアに感染している場合もあります。

淋病の症状

このような症状が出ていれば、淋病の恐れがあります。

男性

  • 尿道から黄白色の膿が出る
  • 排尿時に激しい痛みがある
  • 尿道にかゆみなどの不快感がある
  • 精巣上体(副睾丸)が腫れている
  • 咳や発熱がある

女性

  • おりものの量が増えた
  • おりものに血が混じっている
  • 下腹部が痛い
  • 性交時に痛みがある

淋病の潜伏期間について

感染してから症状が現れるまでの期間は、2~7日程度です。女性の場合、症状が現れないこともあります。

淋病と思った時のポイント

男性であれば「尿道から黄白色の膿が出る」「排尿時に激しい痛みがある」、女性であれば「おりものの量が増えた」「おりものに血が混じっている」など、明らかな自覚症状を感じた時には、すぐに当院で検査・治療を受けられるようにしてください。淋病はほとんどの場合、1回の治療で完治させることが可能です。

院長からの淋病に関する注意

淋病は感染する可能性が非常に高い病気で、その感染率は約30%とされています。また、淋病と同時にクラミジアにも感染しているケースもあります。

また、感染している相手とオーラルセックスをしたり、喉に感染している相手とキスしたりすると、喉に感染する場合があります(咽頭淋病)。咽頭淋病は症状が現れにくいので、性器だけでなく、喉の検査もあわせて受けられることをおすすめします。

淋病の感染者数は一時期、減少傾向にありましたが、1990年代以降から増加しつつあります。

どのくらいで完治するのか?

患者様の症状によっても異なりますが、1~7日間程度の治療期間が必要となります。

淋病の治療方法

患者様の症状に応じて、1~7日間程度、筋肉注射や静脈注射などを行うことで症状を改善に導きます。

一番上に戻る
TEL:0726-96-2945