ヘルペス

ヘルペス

ヘルペスイメージ主に単純ヘルペスウイルス2型が原因で、性器やお尻のまわりなどに水ぶくれができる性病です。ヘルペスは男性よりも女性に多くみられ、女性の患者様の数は男性の約2倍とされています。

また、ヘルペスは、1年以内に80%以上が再発するとされており、再発の原因は、過労やストレス、性行為など様々です。

ヘルペスの症状

このような症状が出ていれば、ヘルペスの恐れがあります。

男性

  • 口や性器のまわりに、1~5ミリ程度の赤いブツブツや水ぶくれがある
  • 強い痛みがある
  • 発熱がある
  • 太腿のリンパ節が腫れている

女性

  • 外陰や膣の入口のまわりに、1~5ミリ程度の赤いブツブツや水ぶくれがある
  • 排尿時に強い痛みがある
  • 発熱がある
  • 太腿のリンパ節が腫れている

ヘルペスの潜伏期間について

ヘルペスは、心あたりがある日から2~12日程度で症状が現れることが多いとされています。

口や性器以外にも症状が現れる場合がありますので、そうした場合にも一度当院で検査を受けられるようにしてください。

ヘルペスと思った時のポイント

ヘルペスは、病変部と接触することで感染するとされています。赤いブツブツや水ぶくれなどの症状が現れていない場合でも、性交することでパートナーに感染させてしまうことがあります。

また、口唇にヘルペスの症状がある時にオーラルセックスを行うと、相手の性器に感染させてしまう場合があります。

なので、口唇ヘルペスが発症している時には、オーラルセックスを避けるようにしてください。さらに出産時にヘルペスの病変部があると、母子感染する恐れがあります。

院長からのヘルペスに関する注意

ヘルペスは男性よりも女性に多くみられ、女性の患者様の数は男性の約2倍とされています。

また、ヘルペスは、1年以内に80%以上が再発するとされており、再発の原因は、過労やストレス、性行為など様々です。

なので、ヘルペスの症状を感じた時には、すぐに当院で検査・治療を受けられるようにしてください。ヘルペスは、薬の服用などにより症状を改善させることが可能です。

ヘルペスの治療

どのくらいで完治するのか?

ヘルペスは2~3週間程度で自然治癒することもありますが、症状が重い場合もあるため、お早目に当院で検査・治療を受けられるようにしてください。

ヘルペスの治療方法

患者様の症状に応じて、5~10日間程度、抗ヘルペスウイルス内服液などを服用します。

症状が軽い場合には、軟膏を塗布する場合もあります。症状が重い場合には、点滴治療を行う場合もあります。

一番上に戻る
TEL:0726-96-2945