咽頭クラミジア・咽頭淋病

咽頭クラミジア・咽頭淋病

咽頭クラミジア・咽頭淋病イメージクラミジアや淋病は主に性器に感染しますが、近年、オーラルセックスの広まりとともに、喉に感染するケースも増えています。

クラミジアや淋病に感染していると相手とオーラルセックスをしたり、喉に感染している相手とキスしたりすると、喉に感染する場合があります。

普通のキスでの感染率は高くありませんが、ディープキスでは感染率が高くなるとされています。

咽頭クラミジア・咽頭淋病の症状

このような症状が出ていれば、咽頭クラミジア・咽頭淋病の恐れがあります。

男性

  • のどが腫れている
  • 喉に違和感がある
  • 発熱がある
  • 首のリンパ節が腫れている
  • 耳がつまる感じがある

女性

  • のどが腫れている
  • 喉に違和感がある
  • 首のリンパ節が腫れている
  • 耳がつまる感じがある

咽頭クラミジア・咽頭淋病の潜伏期間について

咽頭クラミジアの場合、感染してから症状が現れるまでの期間は、1~4週間程度です。咽頭淋病の場合、感染してから症状が現れるまでの期間は、2~7日程度です。女性の場合、症状が現れないこともあります。

咽頭クラミジア・咽頭淋病と思った時のポイント

クラミジアや淋病が喉に感染すると、「喉が腫れている」「首のリンパ節が腫れている」などの症状が現れることがありますが、比較的軽度で現れることが多いため、ただの喉の腫れや風邪と思い、感染に気づかないケースもあります。

なので、喉の違和感やリンパ節の腫れなどを覚えた時には、一度当院で検査を受けられることをおすすめします。

院長からの咽頭クラミジア・咽頭淋病に関する注意

クラミジアや淋病は主に性器に感染しますが、近年、オーラルセックスの広まりとともに、喉に感染するケースも増えています。

クラミジアや淋病に感染していると相手とオーラルセックスをしたり、喉に感染している相手とキスしたりすると、喉に感染する場合があります。

普通のキスでの感染率は高くありませんが、ディープキスでは感染率が高くなるとされています。

咽頭クラミジア・咽頭淋病は症状が現れにくいので、喉の違和感やリンパ節の腫れなどを覚えた時には、一度当院で検査を受けられることをおすすめします。

咽頭クラミジア・咽頭淋病の治療

どのくらいで完治するのか?

患者様の症状によっても異なりますが、咽頭クラミジアの場合、2週間程度の治療期間が必要となります。

咽頭淋病の場合、1~7日間程度の治療期間が必要となります。

咽頭クラミジア・咽頭淋病の治療方法

咽頭クラミジアの場合、クラミジアに効果のある抗生剤を、1日から1週間程度服用して頂くことで症状を改善に導きます。

咽頭淋病の場合、1~7日間程度、筋肉注射や静脈注射などを行うことで症状を改善に導きます。

一番上に戻る
TEL:0726-96-2945