梅毒

梅毒

梅毒イメージトレポネーマという病原菌により、感染する性病です。皮膚や粘膜の小さな傷から病原菌が侵入し、血液に入って全身に散布され、様々な症状を引き起こすことがあります。

特に、アナルセックスでの感染が多いと言われています。

梅毒の症状

このような症状が出ていれば、梅毒の恐れがあります。

男性

  • 赤色(茶色)の小さな湿疹ができた
  • 陰部にしこりがある
  • リンパ節が腫れている

女性

  • 小陰唇などにしこりがある
  • 足の付け根にしこりがある
  • リンパ節が腫れている
  • 梅毒の潜伏期間について

感染してから症状が現れるまでの期間は、3週間程度です。発症後、症状が消えることもあります。

梅毒と思った時のポイント

梅毒に感染すると、症状は3週間後、3ヶ月後、3年後ごとに変化していきます。

ただし、症状が現れないケースもあります。

男性であれば「陰部にしこりがある」、女性であれば「小陰唇などにしこりがある」などの症状を感じた時には、すぐに当院で検査・治療を受けられるようにしてください。

症状が現れない場合でも、心あたりがある方は検査を受けられるようにしてください。

院長からの梅毒に関する注意

梅毒に感染し病変部位がある場合、HIV(エイズウイルス)などにも感染しやすくなるとされています。なので、梅毒に感染された方は、あわせてエイズ検査を受けられることをおすすめします。

梅毒の治療

どのくらいで完治するのか?

感染から長期間経過していると、治療が長引く可能性があります。なので、感染から3ヶ月以内に治療を受けられることをおすすめします。

梅毒の治療方法

患者様の症状に応じて必要な期間、経口合成ペニシリン剤などを服用します。

一番上に戻る
TEL:0726-96-2945